2020年10月11日日曜日

「MIDNIGHT SWAN」で嗚咽がヤバすぎる件

 先月今月と観たい映画が目白押しです。

その中でも、公開を正に指折り数え、待ちに待っていたのがこの映画でした。

TOHO系では先行上映が始まっていて、前評判も高く期待も高まっていた訳です。

そして、この映画は15分を超える予告編が公開されており、こちらも話題になっていました。

15分ですよ、15分。観てから観るか、観ないで観るか……

悩みましたが、やはり観たかった。観てしまった。

草彅さんのトランスジェンダーさん姿、何の違和感もないです。いや、そこにいたのは、凪沙さんであって、草彅さんではなかった。今までに女装のコントも観てるからなあとか思ってたけど、そんなんどこにもいませんでした。完全に凪沙さんだった。

音楽がとてつもなく美しい。そして残る。ふとした瞬間、ずっと頭ん中でこの曲が響いていました。今でも夕暮れや寂しげな月なんか見上げた日にゃ、この曲がBGMになっている信藤フィルターです。

まずは、予告編だけで号泣でした。既に物語できてるじゃん! つか、大丈夫? こんなに公開しちゃって?! これから本編観るんですけど?!!


では本編観ての感想です。ネタバレバンバンです。未見の方はご覧にならない方がいいと思います。すごい長いですし。ほぼ自分のための備忘録です……



やられましたよ。予告編どころじゃないですよ。超えてきましたよ。

予告編って、編集って、こういうことなんですね。

のっけからなかなかハードなシーンです。水川さん荒れてます。DVキマってます。一果ちゃんはまともに食べてるんだろうかと心配になります。ポテチはおやつですよ? あなたの腕はご飯じゃないんですよ? 自傷の痕、くっきりです。

広島の実家の母の電話で、凪沙さんは姪っ子の一果ちゃんを短期間預かることになりました。実家には今の生き方と姿は知られていません。二人の奇妙な同居生活が始まりました。

そして始まって20分かそこらで一回目の号泣ポイントです。

「どうして私だけが……あんたなんかにわかんないわよ……なんで……」顔をグシャグシャにして泣く凪沙さんに、劇場のあちこちからすすり泣く声が聞こえます。

凪沙さんちの近所にはバレエスクールがあります。ボールじゃなくて踊る方です。一果ちゃんが元々バレエをやっていたのかはわかりません。体操服で体験に来た彼女に、同じ学校の、りんちゃんがシューズを貸してくれます。これをきっかけにりんちゃんと仲良くなります。裕福な家庭に育ったりんちゃんですが、彼女も闇を抱えています。

一果ちゃんは最初あまりしゃべりません。でもバレエは続けたいのです。そして危ないバイトに手を出してしまいます。そりゃ補導されます。その彼女が、ある日凪沙さんの前で、腕を噛み叫び声をあげます。戸惑いながらも受け止める凪沙さん。その日は一人にできないからと勤め先のショーパブに一果ちゃんを連れて行きます。

和装のママの「はい、オレンジジュース。生100パー。お飲みなさい」は、何気にツボなポイントです。

乱闘後のステージで踊る一果ちゃんはとてもきれいでした。それは凪沙さんの、きっと一番の奥のやらかいとこを締め付けたようで、ヘッドドレスっていうんですか? それを「はい。あげる」。


一果ちゃんのバレエはメキメキ上達。先生かかりっきり。そのタイミングで、それまでホープだったりんちゃんが足を怪我してプロのバレエダンサーを諦めなくてはいけなくなります。りんちゃん、ちょっとグレ始めます。二人の関係はほんの少しシスターっぽいものが見え隠れします。

凪沙さんはホルモン注射を打ち続けています。性適合手術のため少しずつ貯金もしています。ショーパブ勤めの苦しい生活の中でもなんとか一果ちゃんにバレエを続けさせてあげたいと頑張ります。ハニージンジャーソテーも作ります。野菜にドレッシングもドバドバかけます。一果ちゃんに踊りを教えてもらったりもします。バレエじゃないけど、元々踊れる草彅さんが、下手くそに踊るのはちょっとだけ難しかっただろうなと思えます。

お金のため男娼になろうともします。一般男性として働こうともします。一般企業の面接官が言った台詞は、まさに今だなあと頭を抱えるものでした。LGBTは流行じゃないのです。髪を切った凪沙さんが、草彅さんに見えなくて凪沙さんのままだったのは驚きでした。


一果ちゃんコンクール直前で緊張してる中、りんちゃんから電話がかかります。一果ちゃん、なんか引っ掛かりを感じます。そして一果ちゃんと同じ時刻、りんちゃんも踊ります。場所はビルの屋上のパーティー会場。ご両親のお友だちの結婚披露でしょうか。屋上。嫌な予感がします。りんちゃんは軽やかに回り、回り、そして飛びます。フェンスの外へ。その瞬間、一果ちゃんは何故かそれを悟ります。舞台で動けなくなった一果ちゃんを、広島から連れ戻しに来た母早織が抱きしめます。


凪沙さんは一大決心します。手術です。母になりたかったのです。

手術を終え、一果ちゃんを迎えに実家へ行った凪沙さん、お母さんに泣きつかれます。「病院に行こう。治してもらおう」「お母さん、これは病気じゃないの。治すものじゃないの」

実家には一果ちゃんと早織さんも来ています。「あなた、こんなところに居ちゃダメよ。踊るのよ」そう言った凪沙さんに早織さんはつかみかかり突き飛ばします。そのはずみで凪沙さんの服が乱れ、胸元があらわになります。そこにはふくらんだ乳房がありました。

狂ったように叫ぶ母親、「化け物」と吐き捨てる早織さん。ここで凪沙さんが「私、お母さんになれるのよ」って言ったのかな。


一果ちゃんは地元の学校を卒業します。彼女はバレエで留学が決まりました。凪沙さんに報告に行くのです。しかし、そこには凪沙さんの変わり果てた姿がありました。術後が良くなかったのか、彼女は失明して患部から出血もあり、介護を受けて暮らしていました。

「最期の冬」は意図的にミスリードだったのかな。患ってて余命1年とかかと思っていました。そうじゃなくて、結果として「最期の冬になった」みたいな。

凪沙さんは一果ちゃんに海に連れてってと頼みます。砂浜で一果ちゃんに踊ってみせてと願い、彼女の踊りを感じながら砂浜に座ったままこと切れます。そして、それを感じた一果ちゃんも入水していき……


一年後だっけかな。トレンチコートに赤い靴を履いた一果ちゃんがいました。ニューヨークのコンクール受けに来たんだっけかな。英語も流暢です。「見ててね」彼女は彼女に語りかけ舞台に立ちます。



音が少し気になりました。メインテーマが流れる前、間が少しあります。それはとてもいいのですが、「ジジジ……」と音が入った気がします。例えるとレコードに針を落とした音みたいな。2回感じたので、これはわざとなのかな。これが信藤は気になりました。すーーーっと水が沁みてくように入ってほしいなあと思いまして。

それと、実家が広島ってのは何か意味あってでしょうか? 広島である理由があるのなら知りたいなと思いました。

前半の電話の場面と一果ちゃんを抱きしめる場面、方言が気になりました。ネイティブじゃない方言って一気にスーッと醒めてしまうのです。ここは残念。ま、映画観終わる頃には飛んでってましたけど。



この映画は全部が全部ガッチリ語ってはくれないです。余白がある、と言うんでしたっけ。りんちゃんが飛び降り自殺した後どうなったとか、なんで凪沙さんの術後が良くないんだとか、タイはこの分野の医療が進んでると思ってたけど違うのかとか、一果ちゃんが海に入ったのは自殺未遂何だかどうなんだかとか、なんで早織さんと一果ちゃんの関係が良くなってどんな約束をしていたのかとか、一果ちゃんがどうしてあんなにもバレエに惹かれていたのかとか(それは最初にチュチュを見つけた時から惹かれていたように見えたので)、椅子を投げつけた同級生はどんくらいの怪我だったのかとか、凪沙さんの介護は正規のものだったのかとか、それこそホルモン注射は正規のお医者さんだったのかとか、あの海のシーンの後は何がどうなったんだろうとか、瑞貴はしょっぴかれたあとどうなったんだろうとか、細かくあげるとキリがないのです。

それも含めて、感じて受け止める映画なのかな。


細かいところは、監督が執筆された小説版ミッドナイトスワンと、「SPECIAL CINEMA BOOK」←パンフレットみたいなことでしょうか、を読めば理解が深まりそうなので、さっそく購入するとしましょう。


あれやこれや書いてますけど、切なくて、美しくて、考えさせられて、温かくて、残酷で、青くて、貧しくて、毅然としてて、清濁併せ呑んで、とにかくものすごいインパクトで、終わってからも、すぐに動きたくはなかった。そのくらい何かにどっぷり浸かるような映画でした。

あちこちに涙が止まらないシーン満載で、マスクは紐ごとグチャグチャのビショビショ。特に砂浜の場面からは、嗚咽が止まらなくて、このままでは周りの観客の迷惑になると思い、頭の中でものすごくくだらないことを一生懸命考えながら感情を抑える努力をしました。なんでこんな一番いいとこで、鼻眼鏡の吹き戻し面をつけた某芸能人を思い浮かべなきゃならんのだと、自問自答を繰り返しながら、必死に横隔膜の震えと戦いました。

……なにをやってるんだ私は。


これ、予告編を観てしまってたから、この程度で済んだけど、もし何の前情報もなく鑑賞していたらこんなもんじゃ済まなかっただろうというくらい、感情を揺さぶられました。


もう一度映画館で観たいけれど、今はまだ観に行く勇気がないのです。嗚咽的に。

でも、あの美しいバレエのシーンなんて、やっぱり大きなスクリーンで観たいですよね。


タイトルバックがBIRDMANのFLYみたいだったなあ……



草彅さんの映画で一番好きだったのは、ホテル・ビーナスです。ミッドナイトスワンはちょっと超えちゃったかな。両方とも音楽も映像も美しくて切なくて。両方とも再生。


あ。そうそう。

エンドロールで観客の何人かが席を立たれました。お時間のご都合ある方もあるでしょう。

しかーし!

この映画は、最後の最後まで観る方がいいです。最後の最後までいいです。


Blu-ray出たら即買いして、おうちで誰に臆することなく嗚咽号泣するのは決定事項として。

もう一回、劇場で観たいなあ…… 観られるかなあ……










2020年10月4日日曜日

TENETさんが頭でぐるんぐるんしているので備忘録

 どうしようかなあー観に行きたいなー。などとグズグズ思っていたのですが。

そもそも一人で黙って観るんだし、平日の早い時刻に行ってみよう!

そんなこんなで観てきました「TENET」さん。


やっぱり人気の映画なんだなあ。人が多いや。

劇場入り口にてアルコール塗り塗り。爪の間もしっかり塗り塗り。ちょっと前目のちょっと右目に着席。

通勤ラッシュに引っかかり5分過ぎて入ってしまいましたが、大丈夫。落ち着いて観よう。

あとでわかったことですが、公開初日の初回だったようです←知らんかったんかい。そりゃ人も多いや。


ネタバレというほどもないですが、内容についても書くので、未見の方は以下読まない方がよろしいかと存じます。お気をつけになってください……


主人公にはお名前がないんですね。謎のミッションに挑むにあたり、タマの入ってない銃を使って的を撃ったり、なんか部品みたいのを拾い上げたり、例の時間の逆行を体験します。

この辺がもう信藤ギブ。もちろん観てて言ってることは理解できているのですが、なんというか疑似体感みたいのができない。この感覚はラストまで続いていきました。

ドラゴンボールみたいのを集めて第3次大戦を止めるのがミッションですかね。接触したセイタ―の奥さん、ほっそいですねー。

インドの武器商人と話すとこ、なぜか愛と哀しみの果てを思い出してしまった。強い女性が酒を飲むってだけですけどね。

空港で飛行機が突っ込むシーンは本物の飛行機を使ったそうで、ど迫力でした。あの謎の敵は誰なんだ?

この映画は物が壊れたりカーチェイスだり戦闘シーンだりと、破裂音や爆音など人をビックリさせる音がバンバン流れます。その度にビクーーーっとするくらい迫力がありました。

初めてIMAXで映画を観たのですが、こういうことなのかIMAX?

とにかく音が凄かった。似たような劇場の体験はあるのですが、今回の方が凄かった。そして飛行機のシーンよりも、凄かったのがカーチェイスのシーンでした。

そりゃもうちょっとしたテーマパーク。2Dなのに観ているだけでもう酔う寸前。ちょっと気持ち悪くなりそうなときには目を閉じるか視線を外せば大丈夫。でもあまり外すとなんか見逃しちゃう。頭がぐるんぐるんしながら必死でついていきました。

あれー? なんで既にカーブミラーが割れてるのだろうか?? なんか当たったっけ???

真ん中に割り込んできたのは何??


後半怒涛の回収開始です。カーブミラー納得。謎の敵納得。アルゴさん取り返すためにあっちにもこっちにも主人公が居る。

ん? 待てよ?? これ、アルゴさんをリモコンに持ち替えると…… サマータイムマシンブルース??? 椅子の代わりに回転ドア???

時間を細かくいったり来たりする場面で一旦そう思うと、もうそうとしか見えてこない私のポンコツ脳よ……


しかし。やっぱり時間の逆行ってのが今一つピンと来なかったのです。最初の的を撃つとこで主人公と同じように学習できていたら違和感なかったんだろうなあ。体感ではなく、頭で考えているうちにアクションは進んでいて間に合わない。船からの景色に「不思議ね」と静かに驚く奥さん、ご無事でよろしかったですね、私も同じ気持ちですよ。これを見てもまだピンとこないのです。最後の戦闘シーンの逆行チームと順行チームの折には涙目です。もう何がなんだか😭😭😭

逆行の攻撃で建物を破壊する部分と、順行で敵を撃つ部分が同じスクリーンで同時進行している。情報量が多すぎてついていくのに必死です。あっちもこっちもどうして同じ場所に存在できるのだろか。既にスクリーンは三密どころかみっちみちに密ですが。

逆行シーンを頭が納得して疑似体感できたら、もっともっと楽しめるんだろうなあと思うです。そこがものすごく悔しい私の脳味噌。そういえば、最初に主人公がラボみたいなとこでレクチャー受けるとき「考えるな、感じろ」みたいなことを言われてました。何度も観ればできるのだろうか。


でもこのミッションの依頼人には割と早く気付きました。ここは王道中の王道でスッキリです。リュックの根付(と言っていいのか)は何の付箋だろうと思いましたが、泣かせるとこまで王道で。

最後の最後の回収までお見事! でした。インドの倍賞美津子さんは本当のフィクサーをご存じなかったのでしょうか?


どうして主人公がアルゴさんを知っていたのかとか、ニールと出会ったのはいつどこでどうやってとか、キャットとはどうなったとか、諸々含め、多分続編あるんですよね? そういうフリですよね??

でもインターステラ―もそう思ったけど続編ないしなあ。

まずは、映画の中に入り込んで逆行を楽しめるようになりましょうか。インターステラ―ではいとも簡単に入り込めたのになあ。






2020年9月15日火曜日

「インターステラ―」は何度観ても頭の中が爆発できるよと言われた件について

 私が初めて「インターステラ―」を観てから、そろそろ1年経ちました。

あの時は、お勧めいただいてから随分経ったなあと思いながら、ようやく視聴した。なかなか見られなかった理由は、この映画の上映時間が長かったことだ。ほぼほぼ3時間。なかなかの時間だ。

なんせ長時間ですから、ポットに熱い麦茶など入れてスタンバイ。

あの時はまだアマプラにあったので、麦茶ふーふーしながらポチったのだ。

以下、うっすらネタバレもあるので、未見の方はご注意ください。


そこにはまず、くたびれた地球が映っていた。くたびれてボロボロで荒んでいて終わっていくだけで。そんな色だった。

その問題を解決するために選ばれた精鋭が宇宙へ旅立つのだ。スペースカウボーイやヤマトみたい。よくある話よね。

そんな風に思っていたのですが…… そんなモンじゃなかったのだ。

壊れた通信衛星の修理のため宇宙へ飛び立ち、いろいろトラブルで、最後にどんでん返ってミッションは成功だけど号泣だとか、地球を救うため運命背負い銀河の彼方へ今飛び立って、謎の敵と戦いながら、地球滅亡まであと何日とか、前出の私が好きな2つの映画は一直線に時間が流れている。

なのにこの作品は、時間と距離だけではなく、次元軸が多くて、眩暈がするくらい脳味噌を揺さぶられるのです。

はい、まず本棚から本が落ちますー、飛んでいきましたー、調べものしてますー、その先に何かキラキラを感じますー、可能性のある星に到達しますー、時間の流れ方が違いますー、遭難しますー、リアル浦島太郎ですー、別の可能性のある星に1人残しますー、ブラックホールに入りますー、キラキラと本はこれだったんですー、再会したけど出発しますー、みたいな。

行ってお帰りでは回収できない伏線の数々。線や面でなく、頭の中はたくさんの面でできた球体になったようです。どんなって? うーん。逃げ恥のEDで平匡さんがペラリと開くルームライトがみっちみちになって丸くなったみたいな…… うーん。これでも足りないみたいな…… 面はもっと多角でなんなら立体でそれがたくさんで1つになってるみたいな…… あ、これは理解しようとする私の脳内の話です。


そしてなにより。観終わったとき、ちょっと怖くなった。これ、本当にあったことなんでしょー?!! なに? これから起こること?? 別の次元軸では既に起こっていること?? 彼らは私たち? それとも彼らが彼らなの?? どっちーーーーー?!! というくらい、リアルに感じてしまって。

あまりの衝撃に、私はとっさに選んだラブコメ映画を立て続けに2本観た。その映画のタイトルやお話はまったく思い出せない。思い出せないが、ようやく頭の中が現実に中和された。私の脳味噌は無事地球に帰還したのだった。そのくらいの衝撃だった。

以前、これと似たような感覚を味わったことがある。それは「ジェノサイド」を読んだ時だった。あれは地球上の話でこそあったけど、別の進化を遂げたものだった。分厚い上下巻をあっという間に読んだ。読んでしまった。そしてちょっと怖くなった。これ、本当にあったことなんでしょー?!! なに? これから起こること?? 別の次元軸では既に起こってい(以下略


それからというもの。今すぐにでも観たいけど観たくない、読みたいけど読みたくない。私にとって、インターステラ―もジェノサイドもそんな存在の作品だ。理由は2つ。また宇宙や別の次元や進化の先に連れて行かれて戻ってこられるのか不安なのが1つ。もう1つはすんなり作品に見えてしまいたくないという不安。

だからまだ再見できていない。


最近この映画の監督さんの最新作が公開間近とのことで、CM動画をよく見かける。そうかーインセプションの監督さんだったんだー(←遅い)、そういえば残された女の子はプラダの子よね? と記憶をさらううちに、あの棒のロボットを思い出した。

SWにはC-3POとR2-D2、ガンダムにはハロ、攻殻にはタチコマ、ヤマトにはアナライザー、ナウシカにはテト。SFものの隣には、必ずカワイイ彼らがいるのだ。

あのオランダの芸術家さんが作った砂浜歩くカニをちょっと思い出すような棒のロボット。あれがカワイかったから、また観たいなあと思うのです。

ですが…… まだもうちょっと怖いかなあ…… ま、今はアマプラさんで観られないから、もうちょっと保留かなあ……

2020年5月24日日曜日

STAY環境拵える顛末記

暑い。30度の向こう側とか、もう夏ですか?

思えば、STAYホームでおうち時間ってのが始まった時には、まだ涼しかったのです。
まだヒートテックとか着ていたのです。
それが土筆が伸び、桜が咲き、藤棚が色付き、筍尽くしからの豆尽くし。
こんなにウチにばかり居て、喰っちゃ寝喰っちゃ寝… そりゃ太る一方です。
太ると言うよりも、座ってるのも苦痛になってくる。

そういえば。
以前、座りッパは、心臓に負担がかかると教えてもらったことがありました。
しょぼーんと座ったままの毎日は、それでなくても何らかの負担が大きそうです。
じゃあ、立ってりゃいいんじゃん? 立ってPC使えばいいんじゃん?
ネット上でもちらほらと立って使えるデスクとか見かけていました。
むー。今あるもので何とかできないものか?

そこで考えました。大昔にホームセンターで買ってきた、このPC机を活用しよう。
PC置いて作業に使っている卓ではなくて、上にある、おそらくプリンター置くための卓。ここを使おう。
高さを目いっぱい下げれば、立ったまま使える高さになるのではなかろうか?

どっかにあったなあ、六角レンチ。
こういった組み立て家具付属の工具やら、文房具の引き出しに入れてたっけ。ガサゴソ。おおーこれだーー!
軽く錆びたネジを緩めるべくアクセクアクセク。
こういう、両側を留めているネジを外すとき、一人は危険ですね。卓が降ってきますね。
隣に置いた本棚にもたせ掛けたりしながら、やっとの思いで仮留め。
ついでに、埃まみれの裏っ側をキレイに拭いてしっかり絞めました。

よーし! どうよどうよコレでどうよ??
上の卓にPCを載せてみました。
うーむ。ちょっと高い。これではキーボード触るのが難しいぞ……
どうする? もう少し下にネジを留められるよう金属の足にネジ穴開けるかね? ドリルとかホームセンターさんで貸してくれるんだっけ?
しかし…… 私はたいへんにブキッチョさんなのだ。きっと、左右同じ場所に穴を開けるなんてできるはずもない。卓が水平にならないに違いない。どうしたもんか?

ここで気が付いた。足りない高さは約10cm。むかーしテレビで観たことがある。おうちでできる健康エクササイズ「踏み台昇降」には、どこのご家庭にもある「電話帳」を束ねて使いましょう♪ コレか!
…… 令和の今、そんなものはない。いや、あるっちゃあるけど、今やハローページとタウンページ1冊の厚さは1cmにも満たず、また何冊か重ねようにも、ほとんど回収してもらってしまって手元にはない。分厚い電話帳の背表紙を真ん中から裂いてビリビリにする怪力パフォーマンスなど、もはや存在しないのだ。

そういえば、以前簡易PC台に使っていた発泡スチロールでできたブロックがあったはずだ! ダイソーさんで買ってきたレモンイエローの発泡ブロックは、なかなか丈夫で、高さのカサ増しに役立つに違いない。
大きさは所謂ブロックと同じ。両足を軽く開いて立てば、ちょうどいいサイズじゃん? ひゃっほー!
裏庭のプランターの下から取ってきた発泡ブロックの上に立って、キーボードをつついてみる。スバラシイ!! Amazing!!! きもーち姿勢を正さないといけない高さなのが重ねてHealthy!!!!!

しばらく立ちっぱなしで何か作業するなんてことなかった。ちょっと足が疲れてきたなあ。ちょっと左足に体重掛けてみようかなー次は右足に体重掛けてみようかなー。
まるで法事の正座な感じでモゾモゾ動く。次はー左足にーー ”ミシッ” あっ……

そりゃそうだ。この発泡ブロックは、成人が全体重をかけて踏みしめるようにはできていないのだ。危険なので、良い子は絶対にマネしないでくださいね。

ヒビの入った発泡スチロールブロックには、プランターの台座にお戻りいただき、次の策を考えた。
こういうのって、分散して加重すればいいんだっけ? つか、ブロックの穴を塞げばいいのかな? 粘土? セメント? 新聞紙?
いっそのこと、電話帳探しの旅に出た方がいいのだろうか?

ふと思い出した。このブロックをダイソーさんで買ったとき、確かサイズ違いがあったのだ。もっとちっちゃいサイズが。それだ! 加重の分散だ!!

善は急げでダイソーさんへ。しかしながら、たまたま発泡ブロックが品薄だったのだ。はてどうしたもんか?
そうだ。近くにはセリアさんがあるぞ。たぶん、そこにも発泡ブロックはあるに違いない!

勇んでやってきたはいいが、こちらはたまたまもっと品薄だった。更に。確かに小さいサイズのはあるんだけど… よく見てみると、小さい分、穴の周りが薄いのだ。むー。どうしたものか?
すると、隣に同じ大きさで、ブロックのように3つ穴の形じゃなくて… そう。言うなればレンガがあるじゃないですか。コレ、いけるんじゃないでしょうか?
ポップでキッチュな色のレンガは、発泡ブロックとは違って、表面が柔らかい。何というか、低反発枕のようなさわり心地だ。これは立ち心地・踏み心地が良さそうだ。むしろこっちの方が私の使用用途には合ってるんじゃなかろうか?

発泡ブロックと同じサイズにするために必要なレンガは6個。〆て660円也。
さあ、おうちに帰って両面テープで貼っつけっぞ!

6つのレンガをムキュッと寄せて1つの塊にする。せっかくだから色の組み合わせも楽しんで。組み合わせが決まったら、レンガの接する面を両面テープで貼り合わせる。なによコレかわいいジャン。
恐る恐る乗ってみる。でも今度は穴開いてないんだから、折れたり割れたりすることはない。高さは発泡ブロックと同じ。どう? どうなのよ??

なにコレー’ふかっ’としてるーー発泡ブロックの時にきた足裏の痛さがない! ひょいっと片足を上げてみると、足の形にうっすら窪んでる。でも見てると元に戻ったーー
調子に乗って、ちょっと足踏みしてみる。すごい! 振動を吸収している!! 片足立ちにも耐えてるっ! Excellent!! かんっぺきっ!!! アンシャンレジームの鐘が鳴りますわ皆様皆様皆様……

こうして私は立位でPC作業する環境を手に入れたのだった。
頑張って筋トレすることもなく、1時間に1度は座ってお茶飲んだり、屈伸したりしながら、カチャカチャやっているだけだけど、ちょっと運動してる気にもなっている。
慣れるまでは足も腰もパンッパンにむくむけど、お散歩したり、その後お湯に浸かったりするとほぐれていく。
なにより、こっちの方が座りッパの時よりも身体の調子がいいのだ。今んとこですけどね。
つらいときは座ればいいし、どっちもできるってのがいい。
腰痛改善にもいいということなので、しばらく続けてみよう。
ついでに痩せたりしないかなー














2018年9月25日火曜日

胸キュンカスタマイズ? 何が違う?

またも寝かせすぎてしまいました。お味噌じゃないんだから。

一年前に片っ端からガツガツ観た恋愛映画。しかも胸キュン。なんなら王道。
これでもかと見まくり、夢に福士さんや山崎さんが出てくるくらいに。
少女漫画発制服組にどっぷり浸かっておりました。
そして、こんなにもたくさんの作品があるというのは、共感を呼ぶから=ひとえに「売れるから」だろうなあと思っておりました。
更に予算低料金で済むとくりゃ、そりゃもう隅々まで皆さま頑張りますよねえ。
ファンだって、たっくさん贔屓の俳優さん女優さん観に行けたら嬉しいですもんねえ。

ところがですよ。
この一年の間で、いや、もっと前からだったのかもしれないのですが、ちょっと変わってきましたかね?
あの、別マ別コミ別フレが駆け抜けていく勢いが、どうも緩やかになってます?

いやいや。
映画はたくさん作られているし、中川さん、伊藤さんなど、次の制服組もご活躍中です。
……なぜそう思ってしまったのだろうか。

つまるところ。
私が世間のキュンに乗れてないのだろう、きっと。
私のキュンはもう世間にはついて行けないのだ…… と遠い目をしておりました。

ところがですよ。
先日、半分青いや東ラブの話をしてる20代前半女子の話が耳に入ってきました。
「入る?」の破壊力について語る会話は、私のお花畑と大差ないように感じ、盗み聞きがばれないよう、心で深く頷いていました。

ふむ。
あのキュンどころは同じなんだな。
では昨今の観て、今一つ手が届かないというか、かゆいのそこじゃないんですけどぉー、は何なんだろうか?

新種のキュンが最前線で、それは私の中にはないってことか?
亜種ならなんとかついて行けそうだが、新種となると学習が必要です。
またもサンプルをたっぷりとぶち込む必要がありそうです。

ただなあ。
ひとつ思うに、「ホッとできる切なさ」ってのがないんだよなあ。
アレが信藤にとってはツボど真ん中なんですけどねえ。

最近の興行成績はどんな感じなんだろうか。
まずはいろいろ観ましょうかね。
覚悟をしとけってのから観ればいいのかなーー


2017年8月28日月曜日

新旧イタkiss観て雑感

これだけは手を付けまいと、どこかで遠ざけてたドラマ。
このタイミングでハマるとはなぁ。

イタズラなkissと言えば、かっしーと藍子ちゃん。そしてSPEED。
連載当初から読んでたので、琴子の髪の長さが違うと思いつつ、楽しみにしてた。
あの時揃えた単行本は、ちょっと胸の痛む理由で手放した。
多田かおるさんが亡くなられたこともあって、あれからずーっと、自分の中で封印されてたような。

胸キュン強化期間にいろいろなソフトを観た中に、南くんの恋人があった。
4。一番新しいものですね。ハッピーエンドの。
これのチームが、リメイク版イタkissのチームだと知り、じゃあ観てみるかなあと、どっか疼きながら手に取った。
入江くんは誰が演るんだろう?え?あの高校デビューで不思議なヘアスタイルしてた男の子?ええーかっこいいというにはファニーフェイスな‥
琴子は?知らない女優さんだ。かわいいというにはコケティッシュだなあ‥
こんな入口から踏み込みました。ずぶり。

ふーん、地震じゃないんだー、なんだか、ノソノソと歩く入江くんだなあ‥琴子のコメディ、気持ち、長いんだよなあ‥むしろ金ちゃんかっこよくない?
ぶつぶつ言いながら、2話3話。
ああそうそう、漫画、こんなだったわー、つか、かなり忠実だなあ、私もよく覚えてるもんだ。そりゃそうか。何度も何度も読んだもの。
4話5話。そうそう。東大受験、行けなかったじゃなくて、行かなかったんだよなあー
‥そして大学入って結婚するころには、古川くんも穂香ちゃんも漫画まんまじゃん!続きあったよね?と、ソッコー2観るくらいには、どハマりしていた。しかし、ゆうきくんの弟がゆうきくんってややこしいよね。

更に2も観終わったころには、ふるぽんってビストロで弄られてたねーよかったねーつか、こんな近くに来てたの?!、ほのちゃん幽カノ出てたのねー 、ん?つか、じゃあ、あのイベントん時、居たんじゃん!!くらいに沼。もう頭の先まで。今まであまり知らなかった俳優さんお二人の出演作まで観始めていた。
こりゃヤバいヤツだ。堂上教官沼の時と同じパターンだ‥

しかしまあ。古川くんの経歴は、リアル入江くんですね。現実に居るんだねえ、こういう人って。
スペックだけじゃなくて、アヴァロン聴く限り、性格もまんまじゃん。あ。あっこちゃんのCD買っちゃった。←すっかり沼

1996年版と2013、2014年版観て感じたこと。
どっちのドラマも、すごくいいチームだったんだろうな。俳優部だけじゃなくて全体が。 端々に愛情を感じる。

今じゃ風呂上がりに缶コーヒーじゃないな、コートの肩パットはやっぱりデカいし、髪の色も量も重め、高そうなパソコンのモニターはブラウン管だ。
しかし、なによりも違うのは。
古川くんも穂香ちゃんも 、ビジュアルが漫画そのまんま。
身長や体格のバランスが、原作そのまんまなのだ。
連載してた当時じゃ、想像もつかないような、いや想像してるからマンガになってんだけど、実際にその体格を持った日本人が、21世紀には出現しているのだ。

かっしーの入江くんは美しいし、藍子ちゃんの琴子はきれいでかわいい。
今どきのような、カラコンで増し増しの黒目でなく、鳶色の瞳は大きく、あごは細くて顔は小さめだ。当時流行のお洋服は、年齢より少し大人びて見える。
2014年版に特別出演されたお二人は、今でも変わらず美しかった。

対しての、古川くんの入江くんと穂香ちゃんの琴子は、人間というより最早キャラクターそのものだ。
入江くんの薄い身体に細長い手足、その上に乗る小さな頭。そのシルエットを、どっかで見たことがあると思い出したのは、ラピュタにいた巨神兵だった。
思い返してみるに、最近の恋愛モノやってる男の子の俳優さんは、ほぼほぼそういう体格じゃないですか。
福士さんやら東出さんやら、ちょい前だと花沢類とか。ここに年齢いって肉が乗ると、某Iプロの方とか。
女の子は、薄い肩に細い手足、鶏ガラのような首、その上にちょこんと乗っかる大きな目の小さなファニーフェイス。細いウエストというより、うっすら見える腰骨。

今どきの「かっこいい」や「かわいい」を決定する優先順位は、顔面偏差値ではなく、むしろ、体格なのかもしれない。
古川代表は、以前 「手が長くて気持ち悪い」と言われたことがあるそうだが、代表、これはもう進化であって、前世代の人類には、存在してなくて理解できないだけなんですよ。たぶん。
だって、こんなにハマるくらい、ステキな入江くんと琴子ちゃんが成立してるんですから。
実際お二人とも、かっこいいし、かわいいし。穂香ちゃん二十歳越えて、どんどんきれいになるし。


まだ折り目の残る衣装の中で、男女とも泳いでいる身体。
それでもまだ映像デフォルトのサイズになるまでダイエット。観られるお仕事の方々の努力は凄まじい。くれぐれもお身体ご自愛くださいね、と、心配になるくらいに。
だけど、そもそも土台の身体が進化しているのかな。まるで、百匹目の猿のように。
このままいくと、果ては向こうが透ける身体に、ピンポン玉が乗るんじゃなかろうか。
50年後の流行ってどんなになってるんだろう?

イタkissって、日本のみならず、アジアや北米や欧州でも、どハマりしてる人がたーくさんいるのだそうですね。海外でも映像化されてるし。
携帯電話やタブレットが当たり前に普及してて、演者の身体は進化していても、イタkissは原作のままでも、変わらず愛されている。
胸キュンってのは、グローバル。万国共通らしい。
また、いつかどこかで、リメイクされるのかな。
原作、もっかい買っちゃおうかな。
‥基ちゃん良かったな‥デボラのリメイク、やんないかな‥





















2017年8月20日日曜日

夢だっていいじゃない

きっかけは補填だった。補充か?

最近、恋愛もののドラマや映画を観ている。がっつり。
特に少女漫画原作の実写化。別マ別コミ別フレみたいな。
なんらかの事情で高校生ながらも一人暮らしの主人公、もしくは寮生活とかに、驚くほど強引な展開で同居を始めたり、土砂降りの雨の中これでもかと走りまくり、その後、風邪で倒れ看病までがパッケージ。
いやいや。そんなんばっかりじゃなくて、キラキラと部活に励んだり、メイクにいそしんだり、親友と恋との板挟みに悩み、若しくはタイプの違う二人、なんなら三人から、誰を選ぶのか迫られるのだ。
バイトも頑張るし、遅くなったからと逆方向だけど送り送られ、BDやクリスマスなどイベントがあった日にゃ何かしらの事件が起こるのだ。最近はコンプラ厳しく、映像で自転車二人乗りを見かけなくなりましたね。ところでお勉強してる?
こういう作品って、低予算で制作できるそうで、昨今たくさん作られてますね。
いわゆる、キュンキュンするアレなのだ。

ご出演の俳優さんたちは、何年かの間、次から次へ途切れることなく作品に出演し、これでもかと壁ドンやら顎クイやらお姫様だっこやらなんやらかんやら、しまくりされまくっていらっしゃる。
ちゃんと眠ったり食べたりしてますか?と、心配になるくらいのハイペースで次から次へと。
まるで学生服を着られるそのうちに、と急ぐかのように。

この手の「高校青春群像胸キュンもの」は、そのフォーマットにハマる俳優さんが、何年かおきに入れ替わっていく。
例えば、5,6年前の作品を観ると、その時ハマってる俳優さんたちが演じている。
仮面ライダーやなんとかレンジャーとか、雑誌の専属モデルさんとかなんとかシンデレラとか、いい感じに思春期越えた子役さんからの俳優さんとか、これがデビューですのフレッシュさんとか。もちろん他にもたくさんたくさん。

今の作品を演じている俳優さんたちも、その椅子に座れる期間は決まってるんだろう。
そりゃ皆さん、大人になってくんですもの。学生服、無理が出てくる年齢や見た目になる。
この国では、若いって正義なんですかね。オトナになっただけで劣化などと揶揄されることもある。当り前じゃん、誰しもオトナになるのだ。
そしてタイムリミット。限られた椅子は、真後ろに控えていた次の世代へ。
学生服をスーツに着替えて、ハルタのローファーをパンプスに履き替えたら、今度のステージは「高校からキャンパスか社会に移行恋愛群像モノ」だ。
さて、この椅子に、果たして何人何年座れるかな?
これは、どの業界でもどのお仕事でも同じだと思うけど。

民放の恋愛ドラマや上映館数の多い恋愛映画から、またも次のステージへ。
制約が変わった分、幅広い役を演じられる。
舞台やCSやネットだったり、何より、別カテゴリの作品だったり。
世界は広いのだ。

演者さん自身のファンもあれば、そのフォーマットのファンもある。
一緒に年重ねて見守りたい方もあれば、ずーっとキュンキュンしてたい方もいるのだ。
観ているこっち側も同様に年齢を重ねてはいるのだけど、15歳だって80歳だって、中身の少年少女は年取らないのだから。
どちらにせよ、観る側が求めている限り、その王道が廃れることはなさそうだ。
乙女の好みは変わらない。それは、源氏物語の昔から、そしてきっとこれからも。
現実には、ほっぺた膨らませてカフェオレ勧めてくれる子もいなきゃ、メンタルと肌チェックしてくれるビューネくんもいやしない。妹でもないのに「お兄ちゃん」と甘えてくる子もいなきゃ、そんなやたらめったら別れ際に袖口ちょこんとつかんでくれる子もいやしない。潤いって大切よ。
だからこそ。
夢だっていいじゃない。胸キュンだっていいじゃないの。